PLAY/PAUSEスイッチをクリックして下さい
 
     秋桜
            作詞:Nukky
            作曲:三輪 景章

暖かな日差しに
うんとのびをして見せる
庭に居た猫
視線の先
秋桜がゆれていたよ


”散歩でも行こうか”
キミに電話をかける
”突然どうしたの”とキミは
笑っていたよね


二人で歩いてく先には
公園が見える
子供の笑い声
君も笑った


落ち葉を踏みながら
話した
夢と愛と…


僕らのこの先に
何が待っているのだろう
毎年咲く秋桜を
君とずっと見ていきたいよ


(間奏8小節)

二人の帰り道
キミはふと立ち止まる
”綺麗だよ”
と差し出した手に
握られた秋桜


二人で歩いていく先に
秋桜が揺れる
そう僕らはずっと
この花と共に